太陽電池モジュール

太陽電池モジュールはカタログ通りに発電するの?

太陽光発電で使用する太陽電池モジュールの発電量はカタログに記載がありますが、実際の使用環境ではこれを下回ることが多いです。発電量は様々な要因が関連します。
例えば太陽電池モジュールは高温になると発電効率が低下するものが多いですが、発電時には太陽光を受けているので基本的に高温になります。モジュールの表面が汚れていればそれだけ受けられる光が減少します。
カタログの数値はこのようなマイナス要因を極力取り除いた理想的な環境での計測値になるため、「最大出力」という記載になります。
さらに、実際に設置するときには周囲の建造物によって光が遮られる、光を効率的に受けられる角度に設置できないなどの影響があります。
また、太陽光発電では発電した電気をそのまま使うのではなく、一旦バッテリーに溜める、インバータで変換するなど制御が入り、これによるロスで使用できる電気が減少します。
このように様々なマイナス要因が加わるため、カタログの数値はモジュールを選ぶ際の参考にはなりますが、絶対的なものではないことを理解しておきましょう。

太陽電池モジュールはどのようにつくられるの?

太陽光発電の将来性に明るい兆しがある今、電池のモジュールという部分に関心が注がれています。
細かい部品を適宜交換することができれば、長い期間太陽光パネルを使用することにつながり、最終的なコストを下げる役割につなげていく部分も見込めます。
最近はどのように設置することが望ましいかといった意見が議論されるようになっているため、導入時期が比較的早かった世帯では見直す作業が大事な側面となりつつあります。
太陽からのエネルギーを吸収することに優れた発電機が世に送り込まれれば、システム全体を効率よく動かすヒントにつながっていくため、太陽光発電の特色を最大限に発揮することとなるわけです。
年数が経過した部品を取り換えることは、モジュール環境を最高に活用する条件になるので、メンテナンスを通じて改善したい箇所を日日も早く発見しておくことが大切です。
ソーラーパネルを2枚重ねて熱効率を向上させたモジュールについては、最新の太陽光発電に採用されています。

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2018/3/13